ほうれい線を消す為に必要なこととは

年齢がはっきり現れるほうれい線。
幾つか簡単な予防法と消す為の方法をご紹介します。

まず、20代から地道に続けるべきマッサージ方法があります。

両手の親指を左右の耳の後ろに当て、少し力を加えながら斜め上に引き上げて下さい。
毎日10回ほどが目安です。
ぐっと引っ張り上げるイメージで行います。そして簡単なツボ押しも、今あるほうれい線を消す為に役立ちます。

頬骨の下、小鼻の横、口角の3箇所がツボです。

両手の親指を左右それぞれのツボに当て、心地良い強さで5秒ほど押します。



予防策としても、消す為にも有効な方法です。

また、口内から、?の内側を押してあげるのも効果がありますが、今はその効果を持つ歯ブラシも販売されています。
ブラシの裏側に、ツボを押す突起がついているという優れものです。



そして、スキンケアも見逃せません。

いつもの目元クリームを、ほうれい線辺りに適量のせ、下から上へクルクルマッサージするように塗り込みます。

高価なものでなくても、マッサージできるテクスチャーであれば大丈夫です。



継続することで、徐々に目立たなくなる実感があります。

完全に今すぐ消したい時は、やはりメイクの力も必要です。
と言っても、ファンデーションの厚塗りでは、消すことができません。
コンシーラーが1つ目のポイントです。

ですが、何度も重ねづけするのは失敗の元。

明るめな、ハイライト効果のあるコンシーラーを使い、光で影を飛ばしてあげるように馴染ませます。なるべく保湿成分を含んだものがより良いです。
更にもう1つのポイントは、ベースメイクの後、ピンク系のハイライトを仕込むことです。

小鼻の横から、ほうれい線より少しだけ上をなぞる感じで、柔らかいブラシを使ってふんわりとのせます。
ピンク系は、お肌を明るく見せる効果があるため、悪目立ちすること無く馴染みます。


この2つの光効果で、ほうれい線が気にならなくなるので、取り入れることをお勧めします。